くろふねが出かけたらアゲるスレ

くろふねが出かけたときに書き込みます。質問等ありましたら気軽にコメント書いてってください。

麺屋あらき竈の番人外伝@西船橋 トロつけ麺、チャーシューのせごはん、餃子

f:id:jranar:20200811195904j:plain
f:id:jranar:20200811195912j:plain
今日は無性につけ麺が食べたくなったんですが、うちの方はつけ麺出しているお店少ないんですよね。
なんかこだわりがあるんだろうけど。

手っ取り早く、「まるは極」でつけ麺食べるというのも手ですが、なんとなく「まるは極」という感じじゃない。
そこで思い出したのが「麺屋あらき竈の番人外伝」。

つけ麺色々あるんで行くにはうってつけ。しかも数年行ってないし。
ただ麺屋あらき系列は正直なところ後味が何食べても一緒なところがちょっと嫌なんですよね。

とグダグダ考えながらお店へ。
入店すると、券売機のところは涼しいんだけど、席は結構暑い。
店のチョイス失敗したかな。と言ったって食券買ってるからなあ。

トロつけ麺、チャーシューのせごはん、餃子を注文。

そして10分後くらいに全部一斉に出てきました。

つけ麺ですが、ひさしぶりに食ったので魚介の味わいが結構いいですね。
昔は夜遅くに行ってたので魚介のエグ味が強く出ていたんですが、今日は早く行ったのでそんなものは感じられなかったですね。

あとチャーシューのせごはん。これは結構好きな感じ。
チャーシューと言うかある意味チャーシューの佃煮ですね。これは結構ご飯に合う。

最後に餃子ですが・・・まあ、こんなものかな。


久しぶりに食べると何もかもか新鮮。そう感じました。

ホテル法華クラブ仙台の朝食

f:id:jranar:20200809172018j:plain
先に書いている通り、今回はホテル法華クラブ仙台に泊まりました。
法華クラブ系列のいいところは大浴場があるところと、朝食に地元の料理が出てくるところです。

なんですが、ここの法華クラブは残念ながら大浴場ないんですよ。
もっとも今のコロナ禍で大浴場は気が引けますので大浴場なくてもいいんですけどね(実はないということ知らなかった)。

でも、ご飯美味しいですから。


f:id:jranar:20200809172302j:plain
こちらは仙台名物の麻婆焼きそば。
って本当に名物7日私よく知らないんですが、テレビではよく見ますよね。


f:id:jranar:20200809172412j:plain
地元の食材でなくても普通のベーコンやソーセージもありますし、笹かまなんかもあります。


f:id:jranar:20200809172502j:plain
漬物は仙台漬、あと右上は定義山名物の三角揚げですね。


f:id:jranar:20200809172554j:plain
これは牛タンカレー。ちょっとレトルトっぽいのが残念でしたが。


f:id:jranar:20200809172627j:plain
うーん、これなんだったかなあ。特に名物じゃないかも。


f:id:jranar:20200809172816j:plain
仙台油麩の卵とじ。これは麩なのにボリュームがあって美味しい。


f:id:jranar:20200809172921j:plain
牛たんそぼろ煮と牛たんラー油。
牛たんそぼろ煮はちょっと硬くてイマイチかなあ。そのかわり牛たんラー油はとても美味しかったです。

今回も美味しいもの食べることできました。

仙台は朝から雨だったので、早い時間の新幹線乗って帰りました。

やまがた辛味噌らーめんりゅうぞう@仙台 冷し辛味噌らーめん

まるみつ旅館から大津港駅に戻ったのですが、予定の時間より10分前になんとか到着することできました。
今回は計算うまくいったみたい。

大津港から仙台に向かいます。
気づいたかもしれませんが、四ツ倉行って大津港行って仙台だと1度戻る形になってロスが大きいんじゃないかと思うかもしれないのですが、よつくら喜一が10時開店、まるみつ旅館が11時開店で、四ツ倉まで最短で行くと9:39に着くので効率がよかったんです。


f:id:jranar:20200809165328j:plain
大津港からいわき駅に到着。
いわき駅から特急で仙台に行くのですが40分間があくので駅の外に出てみました。


f:id:jranar:20200809170031j:plain
駅改札外の通路、なぜか高校生が大勢いるんですがなんででしょうね。
風通り抜けて涼しいからいるんですかね?

で、40分経過したので特急に乗車し、仙台に向かいます。


f:id:jranar:20200809170242j:plain
特急に乗って原ノ町あたりすぎると雨降ってきました・・・

トイレ行く前は降ってなかったんですよね。なんでよ。

おおよそ2時間乗って仙台に到着。
お土産どころ覗いてから目的のラーメン屋「やまがた辛味噌らーめんりゅうぞう」に行きました。

こちらのラーメン、赤湯の辛子味噌ラーメン的なラーメンが売りなんですが、龍上海と比べても遜色なく美味しいと思いますよ。


f:id:jranar:20200809170652j:plain
今日はいろいろなところ歩いて暑かったので、辛味噌らーめんでなく冷し辛味噌らーめんにしました。

個人的にはほとんど酸味のない味噌ラーメン的なものが来ると思っていたのですが、結構酸味のあるラーメンが来ました。
サッパリしていていいのかもしれませんが、個人的には通常の辛子味噌ラーメンと遜色ない濃厚なものが食べたかったんですよね。

ちょっと残念でした。まあ、うまいことはうまいんですけどね。


ラーメン食べた後はホテルに戻って部屋飲み。


f:id:jranar:20200809171228j:plain
ラーメン食べに行く前に買った松島蒲鉾店の豆腐かまぼこ「むう」で飲みます。


f:id:jranar:20200809171530j:plain
あと某所へのお土産にこんなものを買ってみました。
山形のミルクケーキいろいろ。
仙台市山形市は隣接しているから普通に売ってると思っていたのですが、なかなか売っていませんでした。

駅ビルの地下に行ってやっと見つけて売ってた全種類購入。
これでもラ・フランス味とかブルーベリー味とかないんで一部の味なんですよ。


f:id:jranar:20200809171356j:plain
あと今回ホテル法華クラブ仙台に宿泊したんですが、鍵がなんというか蔵の鍵みたいなのを渡されました。
こんな鍵を使ってる部屋があるとは・・・ちょっと笑えます。

あんこうの宿まるみつ旅館@北茨城市平潟町

四ツ倉駅に戻り、更に常磐線いわき駅へ戻る・・・といきたいところなんですが、時間余裕持ちすぎて四ツ倉駅に30分以上早く戻ってきてしまったんですよ。
たまたま運がよく逆方向の広野行が来たのでこれに乗ってどこかでいわき方面に乗り換えれば・・・と思ったらこの列車が広野駅でいわき方面に行く列車になるみたいですね。
というわけでそのまま乗車し(というのも週末パスなので乗り放題だから折り返すのは可能)いわきまでいき、そこから上りに乗って行ったのが・・・


f:id:jranar:20200809162730j:plain
ここも初めて下車した駅、大津港駅です。
大津港といってもえきからかなり離れています。そもそも海自体がここの駅から結構遠いところにあるようです。

大津港駅から2Kmほど歩き、訪れたのが、


f:id:jranar:20200809163001j:plain
あんこうの宿まるみつ旅館」というところです。
ここは宿がメインらしいのですが、5月末から「 あん肝ラーメン 麵屋まるみつ」というラーメン屋をやってます。

周りは旅館しかないのでそんなにお客さんいないかなあと思ってきたんですが・・・数組待っていますね。
1時間半後の電車に乗らないといけなんですが大丈夫かなあ・・・

という感じで20分くらい待ち、なんとか入店(といっても旅館の部屋だけど)できました。


f:id:jranar:20200809163455j:plain
席に行くと・・・なんか凄く広い部屋。
28畳くらいの広い部屋に1人用の卓が3つ(写真写しているところ)と4人まで座れる卓が2卓。計5卓しかないんです。
これなら密になる心配ないですね。


f:id:jranar:20200809163650j:plain
メニューですが、あん肝味噌とあん肝塩があるのですが、味噌のほうがうまいと思うものの塩のほうが気になるので塩のスペアリブセットを注文しました。


f:id:jranar:20200809163813j:plain
そして20分後に来たのがこちらのセット。


f:id:jranar:20200809163840j:plain
あん肝塩ラーメンはかなりあっさりしてそうですがなかなか美味しそうですね。
雰囲気的にはよつくら喜一で食べた赤魂をあん肝に変えたという感じ。


f:id:jranar:20200809164007j:plain
スペアリブはかなりいい匂いがします。どんな味なんでしょうか。

ラーメンですが、まず溶かさないで食べると、まあ薄いダシに塩味という感じですね(そのまんまやん)。
若干磯っぽいニオイがありますけど。

あん肝とかすとまあそれなりに美味しく、更にご飯入れると雑炊のような感じですね。
ちょっと期待しすぎた感があったかも。

次にスペアリブ食べると・・・なんだこれは!
食べられるところはコラーゲンの塊というか、ゼラチン質でとても美味しいんですよ。
ようはアンコウの皮の部分そのものという感じですね。これは驚いた!

ただ、大きいスペアリブは味が染み込んでないので塩味の薄いゼラチン食べてるような感じなのがちょっと残念な部分かなあ。

ラーメンはともかくスペアリブが非常によかった。
また機会があればいきたいけど・・・いつまでもラーメン屋やっていると思えないし、かと言って鍋のシーズンは1人じゃいけないだろうし・・・
また食べたいよなあ・・・

四倉名物ほっき飯@道の駅よつくら

f:id:jranar:20200809154209j:plain
道の駅なので弁当も結構売ってるんですよ。


f:id:jranar:20200809154238j:plain
f:id:jranar:20200809154241j:plain
聞くところによると、四倉はソースカツ丼の発祥の地でもあるらしいですよ。

というかそういうところいっぱいあってどこが発祥なのかよくわからないですけど。


f:id:jranar:20200809154410j:plain
ラーメン食べたばかりですが、四倉はホッキが名物なようなので「ほっき飯」も食べてみました。

ちなみに「四ツ倉」「よつくら」「四倉」と表記していますが、地名は「四倉」なんですよ。
「四ツ倉」は駅名でしか使わないです。


f:id:jranar:20200809154702j:plain
食べるところないので道の駅の海側に椅子があったりするのでそこで食べてみました。

食べた感じではそれなりには美味しいけど、結構磯くさいですね。


f:id:jranar:20200809154827j:plain
道の駅よつくらからちょっと歩けば海岸の方に行くことができます。
帰りは四ツ倉駅の入口辺りまで海辺歩いて帰ってきました。

よつくら喜一@道の駅よつくら 赤魂

連休で常磐線沿線のラーメン食べ歩きに行ってきました。
といっても3杯だけですけどね。

天気もそんなに良くなかったので、訪れた場所折り込みながらラーメン店ベースで行程を紹介していきます。


f:id:jranar:20200809151534j:plain
常磐線沿線なので今回は我孫子からスタート。

まず我孫子弥生軒唐揚げそばを・・・
といきたかったんですが、まだ7時前なので営業してないんですよね。
というか、いきなり唐揚げそば食べてしまうとこの後のラーメンに影響しそうなので、やってても地食べることは厳しいのですが。


f:id:jranar:20200809151810j:plain
普通列車乗って土浦に行くのですが・・・なんか聞き慣れないアナウンスが。


f:id:jranar:20200809151849j:plain
そうだ、佐貫駅龍ケ崎市駅に変わってしまったんですよね。
龍ケ崎市という駅名、個人的にはそんなに違和感ないですね。
牛久沼の水域は龍ケ崎市って知ってましたし、昔は竜ヶ崎駅の方にバス釣りに行ってましたし。

という感じで進みながら土浦で特急ひたちに乗車。
常磐線特急券チケットレスで購入できるようになったので便利になりましたよね。

ひたちでいわき駅まで行き、最終的には、


f:id:jranar:20200809152332j:plain
四ツ倉駅で下車。

四ツ倉駅ってどこにあるのかというと、いわき駅から原ノ町方面へ2駅進んだところにあります。

昔は上野から普通列車で四ツ倉行というのもあったんですよ。
なんで四ツ倉行というのがあったのかはわかりませんが、常磐線はここまで複線なのでそういう関係があるのかもしれないです。


f:id:jranar:20200809152827j:plain
四ツ倉駅で降りてどこに行ったかというと、ここ「道の駅よつくら港」です。
なんで道の駅に来たかというと、ここに美味しいラーメン屋さんがあるんです。


f:id:jranar:20200809153006j:plain
その名も「よつくら喜一」。
ここのお店、喜多方で有名な「喜一」の姉妹店なんです。
喜一は有名だし、お土産ラーメンが美味いので行ってみたいものの土日祝日に営業してないのでちょっとハードル高いんですよ。

その点姉妹店は道の駅にあるので土日祝日はたいていやってますからね。

今回は「赤魂」を注文。
注文といっても券売機で食券を購入するとオーダーが通り、出来上がると食券に記載された番号で呼び出されるので受け取りの際に食券を渡すシステムなんです。

f:id:jranar:20200809153308j:plain
受け取ったものがこちら。
まずスープ飲むと、美味しい塩味のスープだ。
このスープでラーメン食べたい・・・

でもせっかく赤魂頼んでいるし、赤魂溶くことによって赤湯辛味噌ラーメンのような旨味が増すかもよ。
と、自分に言い聞かせ溶いてみると・・・

なんというか豆板醤の味そのものという感じですね。
赤湯辛味噌みたいな味噌(唐辛子ニンニク味噌)ではないんですね。

赤魂頼まSio(塩)を頼めばよかったかも。

とはいえさすがは喜一の姉妹店という味でした(き、喜一行ったことないですけど・・・)。

サイゼリヤ京成大久保駅前店@大久保 パルマ産生ハムとルーコラの冷製パスタ、カプレーゼ風冷製パスタ

f:id:jranar:20200731214607j:plain
サイゼリタヤで冷製パスタが販売されるということで食べに行こうとしたら地域限定だった。
創業の地本八幡ならあるだろとうと思ったのでうが、市川市自体対象でない。

ウチから最寄りで実施店は京成小岩駅近くのお店ですが、現在やってない模様。
次点で京成大久保店が7/22から実施してるんで京成大久保店に行きました。


f:id:jranar:20200731214617j:plain
パルマ産生ハムとルーコラの冷製パスタを食べたんですが、生ハムが入っているせいか全体的に味が薄いと感じてしまう。


f:id:jranar:20200731214619j:plain
次にカプレーゼ風冷製パスタを頼んだのですが、こっちのほうが味はっきりしていて美味しいと感じました。

両方の冷製パスタについて思ったことが、パスタがバーミセリじゃないんですね。
普通のパスタを冷やしている感じでした。

ま、カプレーゼ風冷製パスタは味がはっきりしていてよかったと思います。