くろふねが出かけたらアゲるスレ

くろふねが出かけたときに書き込みます。質問等ありましたら気軽にコメント書いてってください。

姫ます寿司@会津川口駅、勝ロール@会津川口駅

今回の旅の目的は以前購入できなかった会津川口駅の姫ます寿司を購入すること。


前回は始発の新幹線で浦佐⇒小出⇒只見⇒会津川口と10時過ぎに到着したんですが、そのときは売り切れだったんですよね。

今回は会津若松から始発の只見線で行くわけで、駅構内の金山町観光情報センターに開店時間の8時ちょい過ぎに着くわけですが果たして購入できるのか?

来月には只見線全通するから大勢の人が来ると思うのでそうなると姫ます寿司の購入は絶望に近そう(土日祝しか売ってないから)。
今回がある意味ラストチャンスのようなものと思って行きました。

結果として・・・無事購入できました!
でも、8時7分に駅に着いて観光情報センターに行ったときには4つしか置いてなかった。
姫ます寿司って1日10個限定なんですよ。8時開店だから7分の間に6個売れたということ?
そりゃ10時過ぎじゃ手に入らない訳だ。

土日祝しか売ってない、予約不可、電車の本数も限られる。
こりゃ確実に買うなら近くに宿泊するかクルマで朝早く来るしかないですね。
久慈のうに弁当よりハードル高い(うに弁当は予約もできるし、予約なくても20個限定で買えるし、平日も売ってるし)。


会津川口から代行バスに乗車するから食べることできないので只見について只見線の中で食べることに。


パッケージですが、白地に赤で汽車の絵が描かれています。
シンプルな感じがいいですね。


中開けると姫ます寿司が6個入っており、炙り有・無それぞれ3個づつ入ってます。
ちなみに姫ます寿司はトレイごと厚手のビニール袋に入ってました。

味ですが脂のってて結構美味しいですね。
どちらかというと炙ってあるほうが脂ののりがいいと感じました。
多分、炙ったことで皮目の脂が活性化しているんでしょうね。

ただ、美味しいとはいえ、この量で1500円はちょっと高いかなあとは感じました。


会津川口駅にはもう1つ弁当が販売されているのでコチラも購入。

こちらの弁当は駅前にある民宿・食堂おふくろで作っている「勝ロール」なる弁当。
細いとんかつにレタスを巻き、それを海苔巻きにした弁当。

これ、結構美味しいんですよ。ボリュームあるし。
しかもコチラは500円と破格(一般的な弁当としてみれば普通だと思いますが)。

勝ロールのほうが名物になっても不思議ではないと思えるくらい美味しかったです。